日本の歴史的灯台

経ヶ岬灯台

image
所在地:
京都府竹野郡丹後町
点灯年月日:
明治31年12月25日
塗色:
白色
構造:
円形・石造
光り方:


群閃白光
毎12秒をへだて8秒間に
3閃光
光りの強さ:
280,000cd
光りが届く距離:
29.5海里
構造物の高さ:
12.42 m
海面から光りまでの高さ:
148.0m
レンズ:

第1等レンズ
水銀槽式回転機械
電源:
商用電源

灯塔は石造である。

明治32年7月,勅令第342号をもって「浜田」と「境」の両港が開港場の指定を受け外国貿易の活発化に伴い,経ケ岬・美保関・出雲日御碕の各灯台が設けられた。

経ケ岬という名前もかつてこのあたりは遭難船が多かったために,岬の下の洞窟で僧侶が犠牲者の霊を弔うためにお経を唱えた……という伝説から名付けられた。

image