見学できる灯台・灯台資料展示室

出雲日御碕灯台 島根県出雲市大社町

出雲日御碕灯台の概要

photo位   置  北緯 35度26分02秒
       東経 132度37分45秒

塗色・構造  白色円形石造

等級・灯質  第1等
         群閃白赤互光20秒間に白2閃、赤1閃
光   度  48万カンデラ
光達距離   21.0海里(約39km)
明   弧  24度から245度まで
高   さ 
   地上から灯塔の項部まで 43.65m(日本一)  
   平均水面上から灯火まで 63.30m

●出雲日御碕灯台

photo 出雲日御碕は、出雲大社で知られる、島根県北東部にあたる島根半島のほぼ西端の岬で、 石英粗面岩から成る隆起海食台地で、日本海の荒波の洗う断崖と、黒い肌の岩礁が印象的な海岸です。 ここに立つ白い灯台は、国際航路標識協会(IALA)が提唱した、世界灯台100選の一つに選ばれた灯台 (この他我が国は、犬吠埼灯台・神子元島灯台・美保関灯台・姫埼灯台合計五基が選ばれました)で、 明治33年着工し、明治36年4月1日点灯した日本人の設計・施工による大型洋式灯台で、地盤を平らに切り、 根切りを施し、「コンクリート」基礎とし、灯塔の外壁は切石積み、内部はレンガを積み立てた二重殻構造 (この構造の一都は見学することが出来る様にしてあります。内外部咬接相持し、蛇腹石及び冠石を累積し、 その上に胴璧を据え付けており、石造積層の累積技術の優秀さにおいて到達点と評されております。 明治32年7月浜田・境の両港が開港場に指定されて、外国貿易が活発化した事に伴ない、 大型沿岸灯台設置の必要が高まったために建設されたもので、灯塔は島根県八束郡森山産の竪質の石を用い、 その高さは、基礎から頂部まで43.7メートルで建設当初から現在に至るまで、本邦最高の灯塔として高さを誇っています。 灯台の光リは、48万カンデラ・光達距離は21海里です。
 灯台資料展示室(第一号館)を併置しており見学においでになる多数の大人からお子さん達に勉強にもなると喜ばれております。





展示室






●灯台へのアクセス

 航空機
  出雲空港⇒バス40分⇒灯台

 電車
  電鉄出雲駅⇒25分⇒出雲大社
  電鉄松江温泉⇒60分⇒出雲大社

 バス
  出雲大社⇒20分⇒日御碕

map