見学できる灯台・灯台資料展示室

初島灯台 静岡県熱海市初島

初島の全景

photo初島(はつしま)は静岡県熱海市の島。静岡県唯一の有人島であり、伊豆半島東方沖の相模灘に浮かぶ。別名『相模湾の真珠』

初島灯台の概要

photo初島灯台は昭和34年3月25日に完成した灯台で、白色コンクリート造、 地上から灯台頂部までの高さは16メートル、灯質は単閃赤緑互光で毎20 秒に赤1閃光・緑1閃光、光達距離は17.5海里。 電源は、自家発電装置を2基設置し灯台を点灯していたが、昭和42年 12月11日、東京電力による、海底電線の敷設工事により、自家発電装置 から東京電力に変更し現在に至っている。

位 置 :北緯35−02−18/東経139−10−22

灯 質 :単閃赤緑互光 毎20秒に赤1閃光・緑1閃光

光 度 :赤光48,000カンデラ 緑光43,000カンデラ

光達距離:17.5海里(約32km)

高 さ :地上から構造物の頂部まで16メートル
     平均水面から灯火まで63メートル 

●初島灯台資料展示館

photo 灯台を見学された方々に、映像、写真等で海上交通の安全に寄与している航路標 識の姿を解りやすく紹介し、より航路標識への理解を深め、さらに海への思いを強めていただくことを願って、平成18年度に全国で9番目の灯台資料展示館を開設しました。

主な展示品

(航路標識の歴史)  洋式灯台の始めから現在までの航路標識事業の歴史をコラージュ写真年表パネルで紹介

(からくり初島灯台)  ミラー効果による初島灯台の造形と3Dビユー装置で見る初島の様々なシーンを紹介

(灯台のしくみ)  実物の三等小型レンズ灯台の設置。電球・灯器、レンズのしくみや光の進み方をフレネルレンズの実物光体験装置及び風力発電装置や解説パネルで自然エネルギーの利用について紹介  等々

●灯台へのアクセス

 mapバス又はタクシー
  熱海駅⇒15分⇒熱海港(バスの場合)
  熱海駅⇒10分⇒熱海港(タクシーの場合)

 高速船
  熱海港⇒25分⇒初島港

 徒歩
  初島港⇒約15分⇒灯台

 なお、リゾートホテル・グランドエクシブのマイクロバスを利用してホテルまで行き、そこから灯台まで徒歩で行く方法もある。
  初島港⇒10分⇒リゾートホテル・グランドエクシブ⇒5分⇒灯台